就職活動がうまくいかず、悩んでいる時にうつ病のような症状が見られます

真面目な人が罹りやすい

困っている人

憂鬱な気分になったり、やる気が出ない

専門学校生や大学生は、自分の希望する会社に就職をするために、就活を始めなければなりません。人と会話をするのが苦手な人は、面接に対するプレッシャーを感じている人も多いです。なかなか内定が取れなかったり、友人が先に内定が取れた時は、焦りや不安を感じている人がほとんどです。就活をしなければならないのに、憂鬱な気分が長く続いていたり、やる気が出ないなどの就活うつ病の兆候が見られることもあります。就活うつ病は一時的なものですが、症状が悪化するとうつ病に罹ることもあります。気になる症状が見られる時は、インターネットのうつ病診断テストを受けてみたり、心療内科や精神科の病院でカウンセリングを受けたりするのをお勧めします。就活に関する不安や悩みを聞いてもらったり、辛い症状を改善したりするために内服薬の処方などもしてくれます。十分な休息や睡眠を取るようにしたり、適度に気分転換をしたりするのもお勧めです。真面目で責任感の強い人や、頑張り屋さんは就活うつ病に罹りやすい傾向があります。学校で就職の相談をしたり、内定が取れた友人に面接などの対策をアドバイスしたりしてもらうのもお勧めです。面接に落ちてしまった時も、企業側からは説明はありません。自己嫌悪になりがちですが、冷静になって自己分析をすることも大事です。

就活うつ病は、誰でも罹る可能性があります。不眠やイライラ、食欲不振、携帯感などが続いており、しなければならないことがあるのに、体が重く活動が出来ないと感じることもあります。うつの症状が重い時は、一時的に就活を中断するのもお勧めです。就活うつ病は、内定が取れると少しずつ症状が改善することが多いです。うつの症状が辛い時は、精神科や心療内科を受診して、内服薬を続けたり、認知行動療法などを受けるのもお勧めです。両親が共働きで忙しいご家庭が増えていますが、就活に関する不安や重圧などを聞いてもらうことで、気持ちが楽になることもあります。精神科の病院やクリニックは、完全予約制の所が多いので、待ち時間の負担を減らすことが出来ます。学校で就職相談を受けたり、年長者や友人のアドバイスを受けたりすることで、就職が内定した人も多いです。精神的にイライラしやすかったり、涙もろくなるなどの精神症状や、下痢や便秘を繰り返したり、動悸や息切れなどの症状が見られることもあります。早い段階で治療を受けることで、回復を速める効果があります。精神科のクリニックや病院を受診する時は、うつ病診断チェックシートなども持参すると良いでしょう。なるべく家族に付き添ってもらうことで、本人が気付いていない症状を知ることが出来ます。

困っている人

学生を悩ます売り手市場

就職活動中の学生が陥る就活うつ病が問題視されています。昨今は売り手市場と呼ばれ社会は人手不足で一見就職しやすいように見受けられますが、その売り手市場が学生のプレッシャーとなっているのです。治療には通常のうつと同様心療内科の受診が必要です。
困っている人

就活に際してうつ病の場合

これで就活うつ病は、とても大変なことが分かりました。しかし、厚生労働省が定めた障害者雇用率制度をうまく利用しましょう。また、主治医とよく相談し、自分勝手な判断をせず就活することが大切です。しっかり考え、就職に結び付けられたらいいですね。
困っている人

対処法を考える

就活うつ病になってしまったら、一度立ち止まって就活を休んでみましょう。そのまま無理に活動していてはうまくいくものもうまくいきません。そして専門医に診てもらい、きちんと治療することをおすすめします。費用は薬代などがかかります。
困っている人

病気になった場合

就活うつ病になってしまった場合には、心療内科や精神科に通うことが必要になるでしょう。これらのところに通うことで病気が治る可能性があります。また、傷病手当金をもらうことができるのも特徴の1つになるでしょう。